MENU

育毛剤の成分記事一覧

センブリというのは、根から花まで有効成分を出したエキスのことです。リンドウ科という2年草なのですが、苦味成分もあります。センブリ茶って聞いた事ありませんか?よく芸能人が、罰ゲームとして飲まされるやつです。「うわっ!苦い!」「おえっ!」としてしまう人も多いですよね?薬としても古くから使われてきました。最近は、薬や飲料だけではなく育毛にも効くと言われていて、薬局などで販売されていますよ。センブリエキス...

イソフラボンって結構聞きますよね?化粧水や乳液にも含まれている物が売られています。これは豆類に含まれているポリフェノールです。納豆や豆腐のパッケージを見てみると、「イソフラボン」と記載されているでしょう。食材では、結構いろいろなものにイソフラボンが入っています。摂取量も多すぎてもよくないし、少なすぎてもよくありません。目安としての上限は75mgになります。わかりやすく言うと納豆1個が65mgありま...

カプサイシンという成分は、唐辛子に含まれているものです。このカプサイシンですが、イソフラボンとの相性は非常に良いと言われています。イソフラボンだけでも育毛効果はあるのですが、カプサイシンも一緒に摂取すればもっと良い効果があります。育毛に必要なIGF-1育毛のために必要な成分が「IGF-1」です。この成分を作るためには、「CGRP」が必要になります。その「CGRP」を作ってくれるのがイソフラボンなの...

ミノキシジルはもともと薄毛治療のためのものではありませんでした。心臓病や脳血管疾患などの病気を治療するために使用されていたものです。治療薬として、厚生労働省も認めた程です。それから、月日は流れ・・・毛を育てる薬として知られるようになりました。血管が拡張すれば、血流は良くなります。血流が良くなれば、薄毛の予防になります。髪の毛を成長させるためには、毛根に栄養を送らないとなありません。血液の流れがよく...

このフィナステリドというのは、もともと前立腺肥大の治療として作られた薬です。抜ける毛を抑えてくれる効果もあります。フィナステリドは、毛を生やすためのものではないです。抜ける毛を抑えてくれると聞くと、発毛するという発想をしてしまう方が多いですが違います!フィナステリドはジヒドロテストロンの生成が抑えられてしまいます。このジヒドロテストロンは男性ホルモンとも呼ばれているのですがこっちの方がわかりやすい...

ノコギリヤシというのは、ヤシ科の植物です。名前からして植物であろうとは誰もが分かったと思います。日本ではなく、北米の南部平地にあって、ハーブなので香りは良いですよ。葉っぱの部分がギザギザしている事から「のこぎり」という名前がつけられました。北米の南部平地に住む人たちは、このノコギリヤシは健康に良いと言われて利用する人がほとんどでした。なぜそういう結果が出たのか?それは、ノコギリヤシの実を食べている...

カナダのLUCAS MEYER COSMETICS社が作りました。この会社は化粧品開発を扱っている所なのですが、育毛開発も手がけているんですね。男性型脱毛症になる原因の一つ、5αリダクターゼ。その阻害に有効なのです。アセチルテトラペプチド-3にはアミノ酸がたくさん含まれているんですけど、細胞の修繕作用があります。これらが、育毛効果を発揮してくれるのです。キャピキシルのメリットキャピキシル育毛剤を使...