MENU

イソフラボンについて

イソフラボンって結構聞きますよね?
化粧水や乳液にも含まれている物が売られています。
これは豆類に含まれているポリフェノールです。

 

納豆や豆腐のパッケージを見てみると、「イソフラボン」と記載されているでしょう。
食材では、結構いろいろなものにイソフラボンが入っています。

 

摂取量も多すぎてもよくないし、少なすぎてもよくありません。
目安としての上限は75mgになります。

 

わかりやすく言うと納豆1個が65mgありますので、納豆だけでも十分ですね。

 

イソフラボンを摂取している人は、育毛させたり更年期障害を予防するために摂取しています。

 

しかも、がん予防にもなるので、健康のためには1日75mgのイソフラボンを摂取しましょう!

 

とくに30代以上の方は。

 

イソフラボンでの育毛効果って本当ですか?

 

イソフラボンは女性ホルモンの働きをアップさせてくれるんです。
男性ホルモンが多ければ多いほど、髪の毛は劣化していきます。

 

だから男性ホルモンを抑えるためのものでもあります。
イソフラボンというのは女性ホルモンのエストロゲンにとても似ているのです。

 

女性だけが持っているものではありません。
男性にも多少はエストロゲンがあります。

 

そして薄毛の原因は「テストステロン」です。
これを防ぐ役目もあるので、薄毛予防になります。

 

女性は男性に比べて薄毛で悩む人は少ないですよね?
それは、女性は当然女性ホルモンがたくさん体にあるからです。

 

男性の場合は、当然男性ホルモンが多いですよね?
だから、悪性のジヒドロテストステロンになってしまうのです。

 

そんな男性にエストロゲンを摂取すれば、髪の毛の悩みはある程度改善されるという事です。

 

イソフラボンは他にも悪玉コレステロールを下げてくれます。
血液の流れを良くしてくれる上に、健康な体を維持でき、育毛の効果まであったら最高じゃないですか?