MENU

カプサイシンという成分は、唐辛子に含まれているものです。

 

このカプサイシンですが、イソフラボンとの相性は非常に良いと言われています。

 

イソフラボンだけでも育毛効果はあるのですが、カプサイシンも一緒に摂取すればもっと良い効果があります。

 

育毛に必要なIGF-1

 

育毛のために必要な成分が「IGF-1」です。
この成分を作るためには、「CGRP」が必要になります。

 

その「CGRP」を作ってくれるのがイソフラボンなのです。
カプサイシンは作る事ができないのですが、作る早さをアップしてくれます。

 

だからイソフラボンとカプサイシンを同時に摂取すれば、「CGRP」が早く作り出されるというわけです。

 

頭皮の血行は大事なポイント!

 

カプサイシンは新陳代謝を良くしてくれます。
だから唐辛子をたくさん食べると、汗が大量に出てきますよね?

 

汗が大量に出るという事は体内の血流が良くなっている証拠です。

 

毛の悩みを持つ方というのは、血行の流れがあまりよくありません。

 

通常するりと流れていくものが、ゆっくり流れていたり、途中で詰まってしまったり。
こういう事が起きていると、頭皮に影響してしまいます。

 

でもカプサイシンを摂取する事で、新陳代謝が良くなって血液の流れがスムーズになれば、頭皮への悩みを減ります。

 

体内にある老廃物も一緒に削除してくれます。

 

中には育毛効果がないという情報も・・・

 

愛知県にある名古屋市立大学の大学院に所属している「岡嶋研二教授」が2004年に育毛効果があると発表しました。

 

しかし、8年後にこの発表には不正あったと言われて、育毛効果の話は嘘だった。
それを聞いて薄毛の方達はとても残念に思いました。

 

本当の所どうなのか?ですよね。
最初の方で述べた情報も正しいですが、個人差がありますね。

 

イソフラボンとカプサイシンを摂取して、育毛効果が見られた!という人もいれば、そうではない!という人もいます。

 

ただ、髪の毛のことで悩んでいるのであれば、1パーセントでも良いから可能性があるなら試してみた方が良いですよ。

 

イソフラボンはイソフラボンの良い所あがありますし、カプサイシンにはカプサイシンの良い所があります。
頭皮ではないとしても、がん予防になったり新陳代謝を良くして体調を崩す心配が減ったりはありますからね。